犬が食べてはいけない物

犬が食べてはいけない食べ物の一覧です。

昔のような塩分過多になる味噌汁ぶっかけご飯から見直されて、今では手作りフードや色々なフードが登場していますね。意識高い系の飼い主が増えているように思えます。

室内飼いも増えて栄養も良くなり、犬の平均寿命も延びています。

ペットショップに行けば犬用のケーキが売っていますし、犬用の鍋やおせちもある時代です。もう何でもありですね(笑)そんな犬ですが食べると消化に悪くて下痢をしたり中毒症状を起こす食材があります。一度目を通しておくと良いのが「犬が食べては危険な食べ物」ですよ。

野菜類と果物

☑ たまねぎ(ネギ類)ニラ・にんにく
加熱してもあげてはいけません。アリルプロピルジスルフィドという成分が赤血球を破壊し貧血を起こします。一度に体重の0.5%以上を摂取すると中毒症状が現れると報告されています(嘔吐・下痢・呼吸困難など)

トマト🍅
赤い実の部分は良いのですが「緑の部分」にはソラニンという中毒物質が含まれています(吐き気・筋力低下など)

唐辛子
唐辛子やわさびなどの香辛料は刺激物のために下痢の原因になります。

ぶどう・レーズン🍇
急性腎不全を引き起こす可能性のある果物です(食欲低下・腹痛・嘔吐・下痢など)

さくらんぼ🍒
シアン化物という犬にとっては有害な物質が含まれています(嘔吐・下痢など)

アボガド
ペルジンという成分で消化器症状を起こす可能性があります(嘔吐・下痢など)

お菓子類やその他

チョコレート🍫
テオブロミンが有害になり中毒症状を引き起こします(嘔吐・下痢・痙攣・興奮など)

ナッツやクルミ
ナッツ類は消化に悪く「マカダミアナッツ」は神経症状を引き起こすことがあります。

キシリトール
犬の糖分解の機序が人間と異なり、キシリトールを摂取すると急激に低血糖を引き起こします(下痢・嘔吐・震えなど)

人間用の牛乳🥛
犬は乳糖が分解出来ないために下痢を起こしてしまいます。与えるならば「犬用のミルク」になります。

カフェイン飲料
カフェインが下痢や痙攣を引き起こします。

アルコール🍶
お酒はさすがに飲ませないでしょwと思うかもしれませんが、エタノールが中毒を引き起こします。よく言われるのが「焼く前のパンの生地」です。酵母菌がいけないと言われています。

鳥の骨🐔
鶏の骨は縦に割れやすく飲み込むと内臓に刺さりかなり危険です。ケンタッキーフライドチキンの骨などは絶対にあげてはいけません。食べられる軟骨なら大丈夫ですが消火には良くないです。

犬に食べさせてもよい食材

魚や肉類は大丈夫です。塩分で味付けや加工されていない物を加熱しましょう。

野菜では一部を除き色々な物が食べられます「人参・もやし・きゅうり・レタス・キャベツ・大根・ほうれんそう・ブロッコリー・インゲン・セロリ・アスパラガス・トマトの赤い部分・さつまいも・じゃがいも・かぼちゃ」など。

果物では「バナナ🍌スイカ🍉苺🍓りんご🍎みかん🍊桃🍑梨🍐パイナップル🍍柿」などです。果物の缶詰はシロップで加糖されているので与えない方が良いです。

人間用の牛乳はいけませんが「無糖ヨーグルト」は与えて問題ありません。

もし食べてはいけないもの飲み込んでしまったら?🏥

少量なら様子を見ましょう。

体調不良を起こしているならば、動物病院に連れていきます。何を?いつ?どのくらいの量を食べたのか?を伝えましょう。

症状の出方は食材や摂取量によっても違います。チョコレートなど早くて1~2時間程度で出るケースや~12時間してから出るケースもあります。ぶどうやレーズンなら24時間以内と言われています。

体調不良時には、24時間以内の原因を遡って考えてみると良いですよ。

犬の手作りごはんに挑戦しますか!?🍳

この投稿をInstagramで見る

 

冷蔵庫に牛肩ロースの塊があったから勝手に拝借し、濃縮還元トマトジュースを使い、ジャガイモやらニンジン、パプリカを適当に入れてビーフシチューにしてみました🍅リコピン🎵リコピン🎵お芋ゴロゴロなので炭水化物は無しです🍚そして、飼い主の夕飯はお肉がちょっと少ないビーフシチューでした(笑)#柴犬 #豆柴 #豆柴こむぎ #japanesedog #shibainu #shiba #shibadog #shibalove #shibastagram #手作り犬ごはん #ビーフシチュー #pecoいぬ部 #pecotv #いぬのきもち #しばいぬ #まめしば #dog #dogsofinstagram #dogstagram #ふわもこ部 #犬 #mameshibainu #犬手作りご飯

きよさん(@mameshiba_komugi)がシェアした投稿 –

やっぱりワンちゃんがしっかりと喜んで食べてくれると飼い主としては嬉しいものです。

ウエット系は明らかにドッグフードとは食いつきの良さが違いますよね…

最近は意識高い系の手作りマダムも多いです。

うちですか…!?うちは「サイエンス・ダイエット」のドッグフードに「犬用のささみふりかけ」をかけて与えています。ふりかけをかけないと食べないですね(笑)ふりかけをかけないと、かけるのを待っています…

ふりかけがない時には、犬用いりこを砕いてふりかけにしています(そのままやっても、いりこしか食べないので)果物ならスイカ🍉が一番の大好物で「スイカ」と言えば理解しているほどです。

上記で紹介したNGフードは有名な物ばかりですし、食べていいけどあまり消化に良くない物もあります。また加熱すればOKという食材もあります。

例えば紹介しきれませんでしたが、卵なら白身がNGで黄身はOKと言われています。ですが卵を加熱すれば「卵白に含まれるアビジン(ビタミンの吸収阻害成分)の活動を抑えることが可能」なので、加熱すれば卵焼きや目玉焼きは食べても大丈夫なんですね。

料理にハマる時には料理本を買ってみるように、ワンちゃんの手作りフードに挑戦する場合には一冊くらい本があった方が良いかもしれませんね。

手作りごはんを推奨する専門家の意見
  • 肉魚類(動物性タンパク質)6:穀物いも類(炭水化物)2:野菜類2
  • 肉魚類(動物性タンパク質)1:穀物いも類(炭水化物)1:野菜類1

ですが最近では穀物は「あまり消化に良くない・肥満の原因・内臓に負担をかける」にもなるという意見もあります。もちろんバランスや摂取量が大切で、ドッグフードにも穀物が入っていたりしますね。ですので穀物不使用の「グレインフリードッグフード」にも一部注目が集まっています。

ですが人間も同様で「体に悪いものほど美味しい法則」ってありますよね(笑)あまり神経質にならない方が良い気もしますが… ⇒ ワンちゃんの手作りごはんのレシピ集(楽天市場)

絶対に失敗しないトイプーのしつけ動画

犬のしつけ