こちらの飼い主さんは先住犬のトイプードルがすぐにトイレを覚えてくれたために、次に迎い入れたトイプードルもトイレはすぐに覚えるだろうと楽観視していたようです。

ですのでトイレのしつけを適当にしたために、部屋中で排泄(尿&大便)をしてしまうとのことです。

今回はそんなトイプードルの仔犬の行動範囲を制限してのトイレトレーニングの様子ですよ。

ワンツートレーニングでトイレを覚えさせる

いつも動いているために、トイレ誘導のタイミングが分からずに、現在はおむつを付けています。

ワンツーがトイレを促すコマンドで「ワンツーワンツー」の声掛けでトイレを覚えてくれると便利です。

犬の消化機能は規則正しいため、絶好のトイレ誘導のタイミングは食事をしてから5~30分の間です。

トイプードルのトイレ成功への道

もう少しフリーにさせる時間が短くても良い気がします。

この感じならばケージから5分出したら、トイレに誘導して「ワンツー」でトイレを促した方が良い様です。トイレが成功したらケージから出してもらえるくらいの覚えさせ方の方が良いです。

ちなみに、トイレでない場所で何度も「ワンツー」と言っていたのも良くありませんね。トイレに入ってから「ワンツー」の声掛けを徹底しないと「ワンツー = トイレ」だとは認識してくれません。

ワンツー = トイレだと関連付けてあげるのが重要です。

成功したら必ず褒めてあげることが大事

上記は壁付きのトイレの成功例ですよ。

壁付きは上記のようにはみ出したり、片足を上げて排尿するオスの場合に使います。動画にもある様にトイレの角ってほぼほぼ噛む子が多いです。安物のトイレの場合には割れたりするので飲み込むと危険です。壁付きトイレはある程度の厚みがある物が良いです。

十分な壁の高さがあり、壁にもシーツが付けられ厚みもある評判の良いトイレはしつけるウォールトレー(楽天市場)ですよ。次回買い替える時など参考にしてみて下さいね。

犬のしつけに欠かせないのがご褒美ですね。トイレに成功した後には、必ず褒めてあげた後にご褒美をあげると覚えが格段に違ってきます。良いことをすればご褒美がもらえるという認識ですね。

今回のトイプードルのトイレのしつけは、排尿だけでなく排便も大成功です。少しハミ出ましたが(笑)トイレが成功すると飼い主も安堵感と嬉しい気持ちが入り混じります。

これからトイプードルを飼いたいと考えている、現在トイレがうまくいかなくて困っている… そんな場合には、プロのドッグトレーナーが教えてくれる日本一の動画に興味がありませんか?

米国トリプルクラウンアカデミー卒業後に、優秀生徒として指導者としても勤務したドッグトレーナーの犬のしつけ方法です。

Inuversity(イヌバーシティ)いぬ大学「動画21時間」

絶対に失敗しないトイプーのしつけ動画

犬のしつけ