トイプードルオスとメスの違い

ドッグ界のカリスマ「トイプードル」を飼いたい!そんな時に大きな選択としてオスとメスのどっちを選ぶのか?ということではないでしょうか?

まずはオスとメスのそれぞれの特徴をご紹介する前に、どうしてもオスでもメスでも選択する必要があるのが「去勢や避妊はするのか?しないのか?」ということです。

去勢や避妊は反対派もいます。人間の考えで勝手に手術はしないで自然のままで飼いたい派ですね。性を奪うのは虐待だなどの意見です。これは飼い主の考えや判断になりますよ。

去勢や避妊のデメリットは「生殖能力がなくなること・全身麻酔なので手術リスクは0でないこと・ホルモンの影響で太りやすくなる」ということが挙げられます。

♂トイプードルのオス犬の性格や特徴は!?

メスと違って生理(ヒート)がありません。

メスよりも仔犬の相場は3万円~6万円ほど価格が安いです(メスは繁殖能力があるためブリーダーが手元に残すケースがありオスの方が多くなるため)

オスの場合には「去勢手術」を考慮しておく必要があります。去勢手術をする理由は「生殖器系の大きな病気を防ぐため」です。生殖能力が成熟する前の「生後6ヶ月~1年未満」が去勢をする適した時期になります。1歳以上の犬を迎い入れた場合で去勢をするならば早めに行いましょう。獣医さんに相談すると良いです。

去勢手術は2~3万円ほどです。手術は全身麻酔で睾丸の摘出になり1時間前後で日帰りが可能です。

去勢をすることにより「攻撃性の低下・マーキング行為の減少・発情によるストレスがなくなる」と言われています。

去勢で防げる病気

精巣腫瘍:精巣にできる腫瘍です(ガン)放置すると大きくなるため早いうちに摘出します。高齢では手術リスクが高く命の危険が高まります

前立腺肥大:前立腺が肥大して組織内にすき間ができます。そこに体液や血液が溜まってしまう症状です

その他にも「会陰ヘルニア・肛門周囲腺腫」の予防にもなります

オスの性格や特徴

メスよりも体付きは大きいために、運動能力も高く体力があります。元気で甘えん坊な子が多く素直に色々な感情表現をしてくれます。

※ ただしトイプードルはオスとメスよりも個体差の方が大きいために参考程度に考えて下さい

♀トイプードルのメス犬の性格や特徴は!?

メスはヒート(生理)があります(ですが避妊をすると決めている場合には、初めての生理までに手術をすれば関係ありません)

生理は生後半年~1年から始まります。年に2回あり4、5日で長い場合には2~3週間ほど続きます。メス犬のヒートは発情している状態になります。閉経は8~10歳です。

生理中には「落ち着きがなくなる・マウンティングするようになる・元気がない・食欲が低下する」などの症状が出て、散歩も嫌がるケースもあります。

生理中にオス犬に遭遇するとオス犬が興奮してトラブルにつながるケースもあります。他の犬と遭遇する際には抱っこしてあげたりしてトラブルを回避したいです。

生理中には出血が多い場合には「おむつ・マナーパンツ」などを着用します。量が少ない場合には自分で舐めたりして飼い主が気付きにくいこともあります。

おむつは嫌がったり脱いだりするケースもあります。マナーパンツ(おむつカバー)も嫌がる様ならばその上から服を着せたりします。ですので、特にメスの場合には服を着ることにも慣れさせておきたいですね。

避妊手術は3~5万円ほどです。手術は全身麻酔で卵巣と子宮の摘出になり1~2時間程で日帰りか一泊のスケジュールになります。

メス犬が初めて発情を起こすのは生後7ヶ月を過ぎてからなので、その1~2ヶ月前後が避妊手術に適しています。獣医さんに相談してみましょう。

ですので「避妊手術をする場合には生理は考えなくて良い」と言えます。

生理中でも手術は可能ですが、子宮組織の充血や血管の膨張のため通常時より出血が多くなります。また生理中には子宮全体がもろくなりますのでリスクが高くなります。通常は緊急の場合を除いて手術はしないです。

避妊で防げる病気

乳腺腫瘍:メスの500頭に1頭の割合で発病する乳腺にできる腫瘍です(ガン)初期発情前に避妊手術した場合の発生率が0.05%と極端に低く、発情が起こる回数が多いほど発生率が上がるために、早めの避妊手術で病気を防げます。

子宮蓄膿症:出産経験のない高齢のメスに見られる病気です。進入した細菌が子宮内で増殖し膿がたまります。嘔吐や食欲低下で明らかに体調不良と分かります。

その他に「卵巣腫瘍・鼠径ヘルニア」などの予防にもなります

メスの性格や特徴

オスよりも小柄で華奢な体付きで、ほどよく脂肪があるために全体的に丸みを帯びています。子宮があるため、オスに比べて体長が長い傾向にありますがバランスは取れています。オスのように縄張り主張が少ないために顔付きも優しく穏やかなことが多いです。

※ ただしトイプードルはオスとメスよりも個体差の方が大きいために参考程度に考えて下さい

絶対に失敗しないトイプーのしつけ動画

犬のしつけ