歯についた歯垢が歯石となり、さらに悪化すると歯の組織周囲が炎症を起こし歯が抜ける原因になります。

小型犬は下顎の骨の厚さに比べ歯が大きいため、歯周病が重症になって下顎骨まで溶けてしまうと、硬いものを噛んだり外から衝撃が加わったりすると簡単に折れてしまいます。この骨折を「下顎骨骨折」と言います。

歯周ポケットから血管を通じて細菌が全身に回ると体全体に影響を与える可能性もあるのが歯周病です。仔犬の頃から歯磨きに慣れさせておきましょう。

絶対に失敗しないトイプーのしつけ動画

犬のしつけ