マイクロチップはIC電子タグです。犬や猫のペットが迷子になった時や災害時に、リーダーでその個体の登録番号(15桁の数字)を読み取ることができます。番号情報を照会することで、ペットが飼い主の元に戻ってくる可能性が高くなます(身元証明)

マイクロチップの耐久性は30年ほどあり、電池は不要のために埋め込みは一度で大丈夫です。埋め込みは動物病院でお願いできます。生後2週間以降になれば施行でき背側頚部に注入します。

価格は6000円~10,000円ほどで、データ登録料1,000円込みの場合と別の場合があります。

絶対に失敗しないトイプーのしつけ動画

犬のしつけ