トイプードルや他の仔犬を飼う上での簡単なしつけ10の方法のご紹介ですよ。

仔犬のことは愛してやまないけど、吠え癖、噛み癖、よろしくない振る舞いが苛立ってしょうがない… そんなケースはありませんか?

仔犬を迎い入れた場合に、しつけを行う上で簡単な10のポイントを抑えておきましょう🐶

1 仔犬に怒鳴らない

パソコンのケーブルを噛み切ろうとしていたり、吠えるのを止めなかったりしたら、飼い主は落ち着きませんよね。こういう状況は家で忙しかったり疲れている場合に起こりがちです。

怒鳴ると「仔犬と築いてきた絆を台無しにしてしまう」こともあります。

犬は人間と調和し、人間が怒鳴れば仔犬にストレスを感じさせて不安にしてしまいます。

また怒鳴ることにより犬はより興奮したり、人が怒鳴っているので自分も吠えて構わないと間違った理解をするケースもあります。

2 確固とした態度で接する

可愛い仔犬ですので、ついつい甘やかしてしまうこともあります。

ですが仔犬にはリーダー(群れの親分)が必要です。飼い主を気楽で柔軟な人だと認識したら、きちんと学ぶモチベーションを失います。

ですので「いけない!」と教える場合には厳しい声を使う必要があります。ですが怒鳴ってはいけません。仔犬に理解しやすいようにシンプルに「NO!」や「ダメ!」と伝えることです。

3 手を出さない(体罰をしない)

痛みを与える体罰や足を踏み鳴らしたりする脅しなどは、仔犬を躾けるうえでは最悪の行為になります。仔犬は飼い主を怖がる様になり、徐々に築いていた信頼感を失うことになります。

躾途中では色々とイライラすることもありますが、手を出すと犬も興奮し噛んで来たりするなどの悪循環になることも多いです。

4 仔犬にタイムアウトを与える

仔犬がイタズラして暴れたり、うるさく吠え続けたりする場合には、冷静にさせる時間を与えます。

ケージに入れたり退屈するような場所に隔離し2~3分待機させます。それ以上の長い時間はNGです。

イタズラをすると「タイムアウト」と伝え、毎回同じ場所に連れていきます。こうすることでいけない振る舞いをすると玩具や人から遠ざけられると認識します。

ただし、散歩や遊びなどの運動が足りてない場合には、犬がストレスで落ち着かないことがあります。

仔犬の時にはしっかりと遊んであげることで色々な問題行動が解決しやすいです。

ある程度の運動で解消してあげれば、イタズラをするパワーが遊びへ向かいます。散歩だけでなく室内でもボール遊びなども有効ですよ。

5 仔犬を上から見下さない

犬の目を直接長く見つめることは脅迫的です。そのため教育するには効果的な方法ではありません。

じっと見つめると教えようとしていることを、仔犬が理解しにくくなります。

犬などの動物同士では目を合わせることが敵意の表われになります。ですが信頼関係がある飼い主や家族ならばこの限りではありません。例えば野生のニホンザルなどは絶対に目を合わせてはいけません… 襲われます(笑)

6 噛み癖に取り組む

有名なアメリカのドッグトレーナー「シーザー・ミラン」は、噛み癖を止めさせるには「犬のキャンャン吠えで応戦すること」だと言っています。

犬同士で遊んでいて、相手の犬が強めに噛むと犬は「キャン!キャン!」吠えます。人間へ噛んだらこのようにキャンキャン吠えをして良くない行為だと伝えます。

家具などに噛みつく場合の噛み癖については下記の記事をご覧くださいね。

7 仔犬がトイレの場所を知っていると期待しない

仔犬はトイレの場所を覚えるまで、何度もトレーニングを必要とします。

犬の消化機能は規則正しいために、食後5分~30分したらトイレが必要になります。その時がトイレトレーニングのチャンスになります。出来るようになるまで焦らずに気長に行いましょう。

8 一貫性のある躾を行う

家庭内でのルール、入ってはいけない場所、乗ってはいけない場所などは家族間で決めておきましょう。

昨日は見逃さなかったのに今日は見逃す… など一貫性がない対応をしていれば犬も混乱してしまいます。

例えば、玄関のチャイムが鳴ったらダメだと教える時と、何もしないで許す場合があるなどですね。

きちんと一貫性を持った躾ができれば、犬はやってはいけないことをしっかりと学んでくれます。

9 悪さをした後に時間が経ってから怒らない

これはよく言われることですね。例えば家に帰宅して何か壊していたとしても、後から怒っても伝わりません。

犬は何で怒られているのか?の理由が分からない訳ですね。今、その瞬間の振る舞いに対して躾をしていく必要がありますよ。

10 教育してご褒美を与える

仔犬の躾には「良いことをしたんだ」と認識させる必要があります。

そのご褒美が「おやつと褒めること」です。褒める行為もその瞬間に行うと「この行為は良いんだ」と学んでいきます。

仔犬のしつけトレーニングではおやつを使って覚えさせていきます。ですので、高価なおやつでなく「小さい安価な物」で良いでしょう。ボーロみたいなおやつですね。

絶対に失敗しないトイプーのしつけ動画

犬のしつけ