トイプードル一緒に寝る

トイレの躾も終わり、徐々に愛犬が成長していけば一緒に寝たいな…という気持ちが出てくるのではないでしょうか?

でもトイプードルに限らずに犬と一緒に寝ても良いのでしょうか?

よく聞くのが一緒に寝ると上下関係のバランスが崩れるということではないでしょうか?ですが実際には信頼関係も築けてきているために、その心配はないかと思います。

ですが犬と一緒に寝るのはリビングでの昼寝くらいで、夜に一緒の布団で寝るのはおすすめしません。

犬と一緒に寝ることをおすすめしない理由

寂しいと無駄吠えの原因になる

人と一緒に寝る習慣が付くと、一人で寝ることが出来なくなるケースがあります。

そうなれば一人では寂しくて鳴くという状態になり、ペットホテルなどのお泊りでずっと吠えていると今後の利用を断られてしまうケースもあります。遠い場所への冠婚葬祭などに参加することもあるかと思います。

また 分離不安 になると、留守番中に寂しくてずっと吠えるケースもあります。そうなれば特に集合住宅では近所迷惑になってしまいます。できればケージの中で寝るように習慣付けをしたいところです。

衛生面やアレルギーの問題

トイプードルは シングルコート で抜け毛が少ないです。抜けた毛は被毛に絡まります。

また毛の間にホコリなどの汚れも溜まりやすいために一緒の布団に寝るのはおすすめしません。

抜け毛が多い犬種などならアレルギーの原因になることもあります。

人間でも枕に匂いが付いてしまうように、綺麗にしている様でも犬臭が布団に付きます。

メリハリが付かない

やはり人も犬も一人になることは必要です。生活にメリハリがなくなってしまいます。

また犬が入ってはいけない部屋なども家族共通で作っておきましょう。

例えば「ウォークインクローゼット・二階の寝室」などですね。

あと、キッチンは「火・お湯・刃物」を使いますし、食品を扱います。匂いがするゴミ箱を漁ることもありますので、台所は立ち入り禁止にしておきましょう。

キッチンには仕切りを利用

LDK(リビング・ダイニング・キッチン」の場合には、キッチンには仕切りを利用しましょう。

トイプードルならば高さ70cmは欲しいところです。ペットフェンスとも言い、キッチンだけでなく階段にも利用できますよ。⇒ 人気のペットフェンス(楽天市場)

絶対に失敗しないトイプーのしつけ動画

犬のしつけ